人材不足が解消出来るのか

食材

都内の会社への入社には地理試験も

日本国内での景気が良いと言う感想を持つ人が少ないと言われていますが、多くの職業では人材不足が言われており、求人数は相変わらず多いままとなっています。特に東京ではどの職業においても人材が不足しており、心機一転として転職を考える人も増えています。そんな転職先として選ばれるようになったのが東京でのタクシードライバーと言われ、人間関係や営業職で働くことに疲れた人が多く募集するようになって来ています。タクシー運転手を選ぶ人の多くは転職経験者と言うこともあり、比較的年齢層が高いことでも知られています。そこにあるのが給与の多くは固定給ではなく、売り上げである営業収入に応じる歩合制を取ることが一般的となっていることから、働けば働くほど収入が多くなる実態があります。また中には基本給プラス歩合、更には賞与と言った組み合わせの会社もあり、支払い方法は多岐に渡っていると考えられます。ですが面接の時には、しっかり給与体系の確認が必要になります。タクシー運転手になるためには、普通自動車第二種運転免許が必要になり、資格を持っていない人でも普通自動車免許を取得後3年を経っている人も募集対象になっています。資格を持っていない人は入社後に、二種免許を会社の応援を得て取得することになります。但し東京都内や武蔵野市三鷹市にあるタクシー会社で働く時には、地理試験に合格する必要も出て来ます。都内などにある建物や道路の名称、駅名などが問題として出されますが、東京のタクシー会社でも独自の想定集を作り研修生のサポートを行っています。